高見七段が今期順位戦頑張っている件

こんにちは

 

今回は高見七段が今期順位戦頑張っている件(嬉しいので書きます)について書きます。

高見七段といえば言わずと知れた(タイトルになって)初代叡王ですね、前夜祭でとよPに明言を言わせたうちの一人ですね。

 

わずか24歳でタイトル叡王を獲得して七段に昇段しました。

 

タイトルを保持しているので一流棋士には間違いないのですが、将棋ファンからすると(私だけかもしれませんが)順位戦のクラスはプロ棋士のステータスと感じるというか実績に拍がつくものと感じているので、タイトル保持しかしC級2組、と言うのはなかなかバランスが悪いなぁと思ってます。
高見七段は好きな棋士で、ニコ生で出る時なんかは積極的に見ていました。

 

しかし今季順位戦七戦全勝でTOP、上位六人の中で順位も一番いいので、残り三戦のうち二勝すればC1に昇級できます。
叡王は残念ながら奪取されてしまいましたが、まだまだこれから強くなって楽しませてくれる七段がC2にいるのはふさわしくありません。

 

もっと上に上がって楽しませてください。

 

ちなみに今四番手につけている大橋六段にも頑張てほしいです。むちゃくちゃ強くて勝率も勝数もかなりあげたのに一緒に四段に上がった方があの方だったばっかりに・・。

 

ではみなさん、インフルエンザに気を付けましょう。

 

 

第3回AbemaTVトーナメントについて書きたいと思います。将棋観戦以外の記事を書くのは折田四段の編入試験以来ですね。AbemaTVトーナメントは、確かチェス愛好家の羽生先生の提案による(Abemaにさせられたのでしょうけど)フィッシャールールで対局を行う非常に瞬発力のクオリティが求められる大会です...

2020/2/25 東京将棋会館 折田翔吾アマプロ編入試験第四局 試験官:本田奎五段▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲3八銀 △7二銀 ▲5八玉 △5二玉▲3六歩 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲9六歩 △3四歩 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8四飛▲8七歩 △2三歩 ...

こんにちは。今回は2017年に終わった将棋電王戦について書きたいと思います。電王戦はいい企画でした、なんか結構嵌ってました、あの数年間。今では夢物語ですが、当時はプロ棋士がソフトなんかに負ける訳が無いと本気で思ってました。(”なんか”と書いてる時点で分かると思いますが私は完全に人間寄りで見てました。...

ブログランキング・にほんブログ村へ  このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る